欲しい車がない悩みを解消する方法

車に乗る男性

 

欲しい車がないことに悩まれている方は本当に多いですね。

 

 

とくに多いのが「買い替えるタイミングなのに、欲しい車がないから困っている」という方です。

 

 

具体的には以下のような状況の方が多いです。

 

  • 車検が近いから車の買い替えを検討しているけれど欲しい車がない
  • 今の車の状態が良いうちに次の車に買い替えたいけれど、欲しい車がない
  • 車が全損した、または修理費が高額だったから買い替えたいけれど欲しい車がない

 

このように、今が車を買い替えるタイミングなのに、心が惹かれる車が見つからないととても悩みますよね…。

 

 

「まだこの車は少し欲しいと思っていたし、これに決めるか…」と妥協して次の車を決めようと思っていても、どうしても心の中では「でもせっかく高額な買い物をするのだから、心ときめくような車が欲しい」と思ってしまうものです。

 

 

ですが、大丈夫!あなたは欲しい車がないのではなくて、欲しい車を見つけられていないだけです。

 

 

きっとこの記事を読み終える頃には欲しい車を見つけられる自信に満ち溢れているはずです。

 

これからあなたの欲しい車を見つけましょう!

車でデートをする男女

 

それでは、これから早速あなたの欲しい車を一緒に見つけていきましょう。

 

 

「あなたがどのような車が好きか?」というところから探っていけば、必ず欲しい車は見つけられます。

 

 

欲しい車を見つけていただくために以下にいくつか簡単な質問をしていますので、紙に書いたり、スマホにメモしたりして答えていってください。

 

 

ちなみにですが、現時点では欲しい車はないとしても、頭の中で「こういった車があったらかっこいいな〜」とか「こういった車があったら可愛い」みたいなイメージはあると思います。

 

 

それらをなんとなくでも良いので頭の中で描きながら答えを考えてもらうと、よりあなたにぴったりの車が見つかりやすいです。

 

STEP1.ボディタイプはどれが良い?

様々な車のボディタイプ

 

今の時点で欲しい車はないと思われているとしても、ほとんどの方は車の好きなボディタイプはあります。あなたもあると思います。

 

 

ですので、まずはどのようなボディタイプの車が良いかを考えてもらうと、欲しい車を見つけるための土台が決まるのでおすすめです。

 

 

たとえば、軽が良いとか、ミニバンタイプが良いとかです。

 

 

もちろん、ひとつに限らずたくさん候補を挙げてもらっても構いません。

 

 

また、これといって好きなボディタイプがないのであれば、逆に「このボディタイプは嫌」というものを考えてもらえば大丈夫です。

 

 

たとえば、ステーションワゴンとセダンはあまり好きじゃないなどなど。

 

 

ボディタイプに詳しくないのであれば「大きめの車が良い」とか「箱みたいな車が良い」とかざっくりした答えでも全然OKです。

 

 

そこまで神経質にならなくても全然大丈夫なので、軽い気持ちで考えてみてください。

 

STEP2.色はどれが良い?

キレイなボディカラーをした車

 

次に考えていただきたいのが、車で好きな色です。ボディカラーですね。

 

 

ここで大切なのが「実際にあるかどうかは気にしない」ということです。

 

 

たとえば、ボディタイプはミニバンが好きで、色はピンクが良いのだけどそんなの存在しないよね…とか自分で決める必要は一切ありません。

 

 

ないと思っていたけれど実際はあるというケースは本当に多いからです。

 

 

ですので、あなたが乗りたいと思う車の色を自由に考えてみてください。

 

 

これに関しても、派手目な色が好きとか落ち着いた色が好きとか、ざっくりした答えでも全然大丈夫です。

 

 

また、ボディタイプと同様に、好きな色がない場合は、逆に避けたい色を考えてもらえばOKです。

 

STEP3.予算はざっくりいくら?

予算

 

どうでしょうか。STEP1とSTEP2を考えるだけで「自分はこのような車に乗りたい」というものが少しでも見えてきたのではないでしょうか。

 

 

それでは、次に予算を考えていきます。

 

 

ただ、予算は車の欲しさ具合で大きく変わってくるものですので、ざっくりと考えてもらう程度で構いません。

 

 

たとえば、もともとは予算は200万円までに抑えようと思っていたとしても、自分が頭の中で描いていたもの以上の車が見つかった場合、その車が210万円でも払いたくなりますよね。

 

 

ですので、欲しい車がない時点で決める予算はあってないようなもの。だから、本当にざっくりで構わないのです。

 

 

なんなら、予算を決めるのが苦手なのであれば、いまはまだ決めなくてもOKです。

 

 

ちなみに、私も予算は決めないタイプです。欲しい車が見つかった時にその値段を見て「出せるか出せないか」で決めます。

 

STEP4.決めた内容を入力して「非公開車両の情報」を得る

虫眼鏡で調べ物

 

ここまで考えていただきありがとうございました。STEP4で最後になります。

 

 

STEP4では、これまでSTEP1?3で考えた「欲しい車の条件」をズバットという中古車探しサービスを使って探してもらいます。探してもらうといっても無料なので安心してください。

 

>>ズバットはこちら

 

 

ズバットをおすすめする理由は、欲しい車がない方が100点満点の車を見つけるためにぴったりのサービスだからです。

 

 

基本的にインターネットで調べて出てくる中古車の情報は、日本全国で販売されている車のわずか30%にしか過ぎず、自分にとって100点満点の車が見つかりにくいです。そのため、本当に欲しい車の存在に気付けず、妥協して選んで購入される方がとても多いのです。

 

 

それに対してズバットは残りの70%の非公開車両の情報も含めて探してくれるので、ほぼ全ての方が欲しい車を見つけられるという特徴があります。

 

 

実際に少しマニアックな車でも、奇抜な色の車でもズバットならだいたい見つかることが多いです。

 

 

こちらがズバットの実際の入力画面。1分くらいあれば入力できると思います。

 

ズバットの入力画面

 

メーカーや年式などを入力する欄もあるのですが、まだ詳しくわからない場合は「こだわらない」というところにチェックを入れてもらえれば大丈夫です。

 

 

そして「その他要望」のところにSTEP1?3で決めていただいた内容を入力するだけで無料で探してもらえます。

 

 

例としては以下のような感じです。

 

ボディタイプはSUVが良いです。
ボディカラーはダークブラウンみたいな色が良いです。
予算は200万円以下が良いです。

 

もちろん、これよりざっくりしていても構いません。たとえば以下のような感じです。

 

ボディタイプは普通よりも大きめの車が良いです。
ボディカラーは派手目なものが良いです。蛍光色が好きです。
できるだけ燃費が良く、カッコイイ系のものが良いです。

 

もちろん、相当マニアック過ぎた場合などは完璧に自分に合った車が見つかるとは限りませんが、非公開車両は想像以上にたくさんの種類があるので本当におすすめです。

 

 

ぜひあなたも自分の心が踊り出すような欲しい車を見つけて、楽しいカーライフを過ごされてくださいね!

 

>>ズバットであなただけの欲しい車を見つける!